main_blog main_blog

心斎橋EAST・WEST 24Plusブログ

心斎橋EAST・WEST 24Plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

伸ばして縮めよう!

筋トレを行う時に大切な事は、鍛えたい筋肉の最大伸展と最大収縮です。

簡単に言うと、しっかり筋肉を伸ばし、そしてしっかり筋肉を縮めると言うこと。

筋肉はゴムと同じような性質だとイメージするとわかりやすいですが、しっかり伸ばして縮めてあげる事で、本来持っている筋肉の弾力性が生まれ、筋力の発揮はもちろん、筋肉の発達に繋がります。

背中のトレーニングを例にあげてみると、肩甲骨の動きがポイントになります。

ラットプルダウンと言うトレーニングでは、まずバーにぶら下がるように座ってみましょう。

画像(1)



そうすると、肩甲骨が上に上がりターゲットとする背中の筋肉が引き伸ばされます。

画像(2)



そこから、肩甲骨を下げながら、バーを引き寄せる事が大切。

画像(3)



また引き寄せる時も、中途半端にならないように、引ききる事が重要でしっかり引けたら必ず背中の筋肉が縮んでいる事が意識できるはずです。

同じ背中のトレーニングでもあるロウイングも同じです。

背中のストレッチを行う姿勢と同じように、しっかり肩甲骨を広げ筋肉を伸ばす事が重要。

画像(4)



そこから、肩甲骨を寄せるようにし、背中の筋肉を背中の真ん中に集めるように筋肉を縮めて行きます。

画像(5)



この筋肉を動かす範囲の事を可動域と言いますが、この可動域をしっかり引き出す事で筋肉の成長は大きく変わるはずです。

トレーニングの際は、しっかり筋肉の伸び縮みを感じてみましょう。


(稲田)
伸ばして縮めよう! 伸ばして縮めよう! 伸ばして縮めよう! 伸ばして縮めよう! 伸ばして縮めよう!
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。