私たちのカラダの約50〜70%は水です。

水の主な機能は栄養素、二酸化炭素、代謝産物、老廃物、ホルモンなどの運搬、体温調節です。基本的に「水太り」と呼ばれるものはありません。また、ただ汗をかくだけでは痩せません。摂りすぎた水分は腎臓を通り、尿となって排泄されますが、腎臓の働きが悪くて余分な水分がが排泄できない状態を「むくみ」といいます。
※女性の方は体脂肪が多いため、水分の割合は少なくなります。

1日の水の出入りは2〜2.5リットル

過剰に毎日摂取しなくとも問題はありませんが、不足はよくありません。また、健康な方ですと、余分に摂取した場合は尿などで排泄されます。体内環境を司る水分を意識して摂ることで、体内の水分の代謝がすすみ、ひいては新陳代謝にも寄与することが期待できます。

脱水

汗は99%が水分です。ミネラルが0.5%含まれています。体重の2〜3%脱水してしまうと血液がドロドロになり、このとき真水だけを飲んでいると、体内に取り込まれないことがあります(自発的脱水)。これはミネラルが補給されず、血液の中に水分だけが多くなって、バランスが狂うのを防ぐためです。ミネラルを含んだスポーツドリンクを飲んだとしても濃度が濃すぎると吸収が悪くなり結果的に水分とミネラルを補えません。

1日に「水2リットルを飲むことにトライできそう」61.7%

吸収の速い飲み物のポイント

身体の浸透圧より低い糖濃度(2.5%〜3%)で、真水ではなく電解質を含んだものを摂取します。

知っておきたい水の飲み方「8つのポイント」

  • 運動後の体重の減少は、ほぼ100%汗によるものです。運動前の体重と比較して1%以上減っていないように気をつけましょう
  • 身体が水分不足と感じることと、喉が渇いたと思うのは必ずしも一致しません。喉が渇いたときはすでに脱水が起きています
  • 運動が30分以上続くようであれば、途中で水分を補給するようにしましょう。汗の量が体重の2%であれば水で充分です
  • 体重の2%以上汗で体重が減れば(体重60kgの方は-1.2kg以上の場合)水と電解質が含まれた飲み物を摂ります
  • 体内ですばやく吸収される電解質の濃度は、食塩が0.2%程度、ブドウ糖が2〜3%程度です
  • 飲料の水の割合が少ないと素早く吸収されません。市販されている飲料で、ブドウ糖濃度が5%くらいあるものは2倍に薄めて飲むと良いでしょう
  • 飲料の温度はあまり冷たすぎず8〜13℃が吸収が速いといわれています
  • 運動時の水分補給のコツは10分〜15分ごとに100〜200mlを摂ることです
体内をリセット。
体の水分を総入れ替え。
骨盤をリセット。
歪みを正し、美しい姿勢を。
汗を流してリセット。
発汗作用で出し切る!
ストレスをリセット。
ストレス社会を乗り切れ!

体重の約70%を占める水分を総入れ替えして内側からリセットしませんか?

骨盤の歪みで太るって本当?骨盤を正しい位置に戻すだけで様々な効果を体感!

気持ちの良い汗を流すことで美肌効果も期待できます。誰でもできる発汗とは?

約3人に2人の人がストレス発散に何かしら取り組んでいるようです。その内容とは?

体内リセット 骨盤リセット 汗を流してリセット ストレスをリセット
アクティブシニアのオアシス活用術