文字の大きさ
縮小
元に戻す
拡大

スポーツクラブ/フィットネスクラブの東急スポーツオアシス:シニア向け健康づくり らくティブ-楽にアクティブ-

パソコンからのお問い合わせフォームはこちら、電話でのお問い合わせは03-3492-2146 へ

トップページへ戻る

よくあるご質問




研究・事業実績

  • ヘルスケア事業の取り組み
  • 高齢者向け運動プログラムの開発と提供

高齢者向け運動プログラムの開発と提供「いきいき太極拳」「はつらつ体づくり体操(らくらく体操)」

■プログラムの特徴
・エビデンスに基づいた、安全で効果的な内容です。(早稲田大学エルダリー・ヘルス研究所との共同開発)
・低体力高齢者の方でも安心して楽しく参加できる構成です。
・プロの運動指導員が参加者にあわせて適切に提供いたします。
■プログラム概要
●いきいき太極拳
中国武術の一つである伝統的な形のある太極拳を低体力者向けに、初めての方でもわかりやすくできるよう、高齢者向けにアレンジしました。
気功体操(八段錦)や錬功十八法を取り入れ、指導者を見ながら、どなたでも参加できる簡単な動きで、身体機能の維持向上を図りながら太極拳の基礎も習得することができます。
●はつらつ体づくり体操
椅子に座った状態で、肩甲骨や股関節周り、足関節の動きをよくすることからはじめ、日常生活に必要な動作をより楽にする為の動きのトレーニングとストレッチを加えました。
また、ボールやバランススティックなどのグッズや音楽を取り入れ、高齢者の方が楽しく積極的に運動に参加できるような工夫が盛り込まれています。
■プログラムの要素と期待される効果
【1】ADL(日常活動動作)の改善
【2】転倒の予防
【3】呼吸動作の改善
■プログラム効果検証と産・官・学での取り組み
●効果検証の概要
・対象:自治体介護予防教室を修了された方
  ・週1回60分のプログラムを3ヶ月間(全12回)実施
  参加人数 参加者年齢 平均年齢
いきいき太極拳 20人 66〜94歳 75.5±6.33歳
らくらく体操 11人 68〜87歳 77.0±5.31歳
●主な結果
膝伸展筋力の向上や動的バランス能力に向上がみられ、これらにより転倒予防運動としての有効性が示唆されました。
図1 らくらく体操プログラム前後の測定結果 【動的バランス能力・下肢筋力】
ファンクショナルリーチ…開始時約29cmから終了時約33cmに、膝伸展筋力…開始時約10Nm/kgから終了時約13Nm/kgに
図2 いきいき太極拳プログラム前後の測定結果 【ファンクショナルリーチ(動的バランス能力)】
測定平均値…開始時約32cmから終了時約43cmへ、プログラム実施後改善値(cm)…+20〜:5%、+15〜+19:16%、+10〜+14:21%、+5〜+9:48%、0〜+4:5%、-4〜-1:5% ※早稲田大学エルダリーヘルス研究所調べ
●その他体感された変化
プログラム後のアンケート調査においては、「膝痛がなくなった」、「体が軽くなった」、「杖がいらなくなった」「尿失禁が止まった」等、身体的な変化への満足や自信がついたといった感想が得られました。
また、「よく眠れるようになった」、「遠出ができた」等、プログラムに参加したことにより得られた生活の変化等の喜びの感想が得られました。
あわせて、プログラムへの参加は人との交流や日常生活に影響を与え、プログラムへの継続希望の声も多くいただきました。
図3 プログラム終了1ヶ月後のアンケート結果
楽しく運動出来るようになった…非常にそう思う22%、ややそう思う48%、どちらともいえない30%、今後、教室が開催されたら参加したいと思っている…非常にそう思う75%、ややそう思う18%、どちらともいえない7% ※早稲田大学エルダリーヘルス研究所調べ