炭酸泉|リラクゼーションや健康促進などの効果が期待できる別名「ラムネの湯」

炭酸濃度1,000mg/リットル以上!天然温泉に炭酸を高濃度に溶け込ませている為、全身が炭酸の細かい泡に包まれます。
炭酸が溶け込んだ天然温泉という稀有な泉質を人工的に再現しました。

|炭酸泉とは

炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことです。
日本の温泉法によると「お湯1リットル」に対して「炭酸ガスが0.25g以上(250ppm)溶けたもの」が炭酸泉と定義づけされています。高濃度炭酸泉とは「1,000ppm以上」のものを指します。その濃度が高いほど、期待される効果が大きいと言われています。

|血行改善

全身の血管や毛細血管が拡張することにより、血行が改善されます。
そのため血流障害によって起こる、冷え性やむくみなど様々な症状の改善が期待できます。

|期待できる効果
  • 湯冷めしにくい

温泉に含まれる塩化物が肌に付着することで、湯冷めしにくくなります。炭酸の血管拡張効果による「湯冷めしやすい」という短所を温泉が補います。

  • 血圧低下

血管が拡張することにより血流がスムーズになり、血圧が下がるために心臓への負担が減ります。そのため心臓の働きの改善が期待できます。

  • 疲労回復

血管の拡張と血流の増加作用により疲労物質である「乳酸」を効果的に減少させます。そのため速やかな疲労回復、肩こりや腰痛緩和の効果が期待できます。

  • 美肌

血流の増加作用により、酸素や栄養分が全身の隅々まで運ばれます。そのため細胞の新陳代謝が活発になり、美肌や老化防止の効果が期待できます。

  • 傷の治癒

温泉に含まれる塩化物により、傷が消毒される効果と、炭酸による血流量増加と新陳代謝促進の効果により、傷が治りやすくなります。