【館長日誌2018】Y王禅寺

マネージャーのヒトリゴト2018.01.14

2018年もスタート致しました!!ヨネッティー王禅寺も正月の「休息」をしっかりと行い。指定管理期間で初めての「春の営業」を迎えております。乾燥した天気が続き、インフルエンザの流行も懸念されますが、「寒い時こそ姿勢を良くし」運動(プールやトレーニングルーム)をご家族で行いましょう!!きっと良い一年のスタートが切れると思います。

 さて、ヨネッティー王禅寺があります「麻生区」内の某小学校では「てらこ屋」という、学校教育以外の「地域振興」があります。地域に根付いた町内会の皆さまが、小学校やPTAと連携し「地域のお子様を育む」試みを実施して頂いております。
 私も十数年「麻生区民」として、小学校行事や町内会イベントに参加させて頂いておりますが、「どんど焼き」を皆さんご存知でしょうか。例年「町内会長さん」の私有地内で実施していた「どんど焼き」ですが、昨今の住宅事情の広がりから、開催が難しくなり、今回は初めて、「小学校内のグランド」で実施する事ができたようです。地域振興に根付いた考え方が実践されている試みに、深く感銘を受けさせて頂いた事をご報告させて頂きます。

写真:晴天の中、写真映えがしますね
画像(1)晴天の中、写真映えがしますね

写真:町内会長さんから説明を受けております
画像(2)町内会長さんから説明を受けております

地域によって「神事」として実施されている場所もありますが、全国津々浦々、様々な考え方や方法もあるようです。

写真:いよいと「お焚きあげ」が開始です
画像(3)いよいと「お焚きあげ」が開始です

地域の方々が持参された「門松」や「破魔矢」「正月飾り」が大きく立ち上がり、小学生が作成した「書初め」も天高く舞い上がります。

写真:おめでたい「おもち」を焼いて食べます
画像(4)おめでたい「おもち」を焼いて食べます

子供たちも楽しみにしていた「おもち」を焼きます。やけどに注意して「サオ先」につけた「おもち」を焼きます。

写真:我が家は持参した「アルミホイル」を巻き付け焼きました
画像(5)我が家は持参した「アルミホイル」を巻き付け焼きました

年々、この様な「昔ながら」の行事が少なくなるなか、「日本の行事」として失いたくないものがあります。今後もヨネッティー王禅寺は地域に根付いた行事などにも参加し、ご利用者様にご紹介ができるようにレポート致します。

館長 櫻井 康隆


(櫻井)

画像(1):晴天の中、写真映えがしますね
画像(2):町内会長さんから説明を受けております
画像(3):いよいと「お焚きあげ」が開始です
画像(4):おめでたい「おもち」を焼いて食べます
画像(5):我が家は持参した「アルミホイル」を巻き付け焼きました
※画像撮影者/櫻井
写真:晴天の中、写真映えがしますね 写真:町内会長さんから説明を受けております 写真:いよいと「お焚きあげ」が開始です 写真:おめでたい「おもち」を焼いて食べます 写真:我が家は持参した「アルミホイル」を巻き付け焼きました

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。