暑い夏はプールが一番!

フィットネス・エクササイズ2011.07.13

「暑いですねーー」最近ではこの言葉が挨拶のようになっていますね。。。本当に今年は暑い!節電もありエアコンを控えている方も多いと思います。体調管理が難しいかと思いますが無理せず頑張ってこの夏を乗り切っていきたいですね。

ということで暑い夏はやっぱりプールでの運動が一番!暑いと身体もなんだかダルーい感じになりますが、プールに入るとシャキっと目覚めるように感じます。オアシス青山店でもだんだんとプールご利用の会員様が増えてきています。そこで皆さん一番お悩みの多いクロールの呼吸についてちょっとしたコツをお伝えしようと思います。

呼吸がなかなか上手くいかない方の多くが顔を水中から出して口を開けているのですが、実は息が吸えていないという方が多いように思います。このケースの多くは息が吸えないのではなく、吐けていないに原因があります。「水中で息止めない」がポイントです!

息を止めていると
「(水中で)息を止める⇒(顔を出して)息を吸う⇒(水中で)息を止める⇒(顔を出して)息を吸う」これはずーーと息を吸い続けているという状態です。これって苦しいですよね。吸っているのに苦しいは吐けていないに原因があるという事です。

クロールで呼吸時に顔を出す時間は約1秒間です。この短い時間では息をしっかりと吸うには「水中では息を吐く」、「水上では息を吸う」としっかり分けて考える事が大切です。息を吐くと苦しくなると思う方は一度顔を水に付けるだけ、もしくは浮いただけの状態で息を吐ききってみてください。個人による感覚もありますが、かなり息を沢山出さないと吐き切れません。思っているより肺には多くの空気が入っています。大きな深呼吸をイメージして泳いでいる時には思い切って息を吐いて欲しいと思います。さらにこの練習で感じて欲しいことはしっかりと水中で息を吐くと、顔を水中から出すと口を開けるだけで「吸おうと思わなくても自然と空気が入ってくる」そんな感覚が出てくると思います。この感覚がつかめるととても楽に呼吸ができるようになりますので、一度試してみてください。最後に息は鼻から出すようにしてくださいね。鼻から出して口で吸うという感じです。

プールに初めてチャレンジされる方もいらっしゃると思います。不安そうなお客様がいらっしゃいましたら、私達からお声がけさせていただきますね!


(東度)

画像(1):鳩もプールに入りたい!(ビル入り口で撮影)
※画像撮影者/東度
写真:鳩もプールに入りたい!(ビル入り口で撮影)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。