食のちょっといい話 -水編-

フィットネス・エクササイズ2008.06.06

ここ数年健康志向は世の中に広く行き渡っていますね。
Runが流行したり、TVゲームでフィットネスをしたり・・・
そんな中でやはり「ダイエット」が1番気になるところかと思います。
この「食のちょっといい話」のコーナーでは知っていそうで知らない、
難しくなく知っていると食生活・ダイエットに役立つお話をしていきます。

「水」。
人にとって、口に入れるもので最も身近な「水」ですが、体の60%は「水」って知ってました?
そのうちたった1%減少するだけで、ノドの渇きを感じるそうです。

「水」は「ダイエット」をサポートしてくれるスグレモノなんです。
「ダイエット」といえば、激しい運動・厳しい食事制限というきついイメージを思い浮かべませんか?
私が提案するのは、適度の運動と「水」を毎日飲む
食事は今まで通りで、お茶やジュースを「水」に変えるだけ。
◎コップ1杯(200ml)のカロリーを比較してみましょう。
  ・オレンジジュース…120kcal     ・コーラ…100kcal
  ・コーヒー(砂糖・クリーム入)…40kcal     ・ビール…80kcal
  ・「水」…0kcal
飲み物を「水」にするだけでかなりのカロリーカットができます。
摂取カロリー<消費カロリーというダイエットの基本を考えても、「水」は有効です。
市販のミネラルウォーターにはダイエット時のイライラを解消してくれるカルシウムが含まれています。
また、新陳代謝を促す効果があったり、飲酒の時は有害物質(アセトアルデヒド)を分解し、体を中和する働きもあります。
疲れを感じる時は、「炭酸ガス入りの水」を飲むことで、疲れのもとと言われる乳酸を取り除き、血行を良くしてくれます。

さぁ、「水」を飲んで健康的にダイエットしましょう!!

(和田)

画像(1)いろんな水が出てますね。
画像(2)分別してエコロジーに。
※画像撮影者/和田


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。