運動中の水分補給

マネージャーのヒトリゴト2009.06.16

運動をするとたくさんの汗をかきます。オアシスでもレッスン後は、皆さん汗びっしょりになってスタジオから出てこられますよね。
運動をすると体温が上昇します。人間の身体は、うまく出来ており、汗を出して体温を下げようとします。
従って、運動を続ければ汗も出続け、次第にからだの水分が減少していきます。そのまま水分を補給せず運動を続けると、どんどん体内の水分が減少していきます。
それがいわゆる『脱水状態』です。
脱水状態になれば、今度は汗が出なくなります。そして体温がますます上昇し、ついには脳がその温度に耐えられなくなり、体の機能が低下し、意識障害などが現れるようになります。
怖いですね。
運動中に体温が上がらないようにするには、人間は汗を出し続ける必要があり、その為には、水分補給が欠かせません。
その為に、運動中の水分補給が非常に重要であることは、皆さんすでにご存知だと思います。
では、たくさん汗をかいたとき、水分だけ補給すれば良いのでしょうか?
実は、大量の汗をかいたときには、同時に多くの塩分も失われます。
塩分が汗として出ていくと、その分、血液中の塩分濃度が低下し、血液は薄まった状態になります。
そんな状態のときに水だけを飲むとさらに血液が薄まるため、のどの渇きを感じなくなり、それ以上水を飲めなくなります。
一方、余分な水分は腎臓から尿として排泄されるので、からだ全体としては脱水傾向が続きます。
水分補給だけでは汗を出す効果は少ないのです。
では、どうしたらいいのでしょうか???
運動中の適切な水分の補給としては、水分と塩分の補給をスムーズに行えるスポーツドリンクが適しています。
最近はローカロリーのものも増えました。沢山汗をかく運動をするときには、水分だけではなく塩分の摂取も心掛けるようにしたいものです。


(大山)

画像(1):散歩の途中で水分補給中の我が家のわんこ
※画像撮影者/大山
写真:散歩の途中で水分補給中の我が家のわんこ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。