ボディシェイプサーキットをご紹介

マネージャーのヒトリゴト2009.07.18

今月は、色々なスタジオレッスンをご紹介していますが、今回は「ボディシェイプサーキット」です。
『サーキットトレーニング』というトレーニング方法は、皆さん良く耳にしてご存知かと思います。サーキットトレーニングとは、無酸素運動と有酸素運動を交互に行い、休まずに約30分〜40分の運動をおこなう方法です。
ジムやサーキット専用のジムで行う場合は、30秒〜1分ほどの有酸素運動(その場駆け足や踏み台昇降運動)と無酸素運動を繰り返し休み無く行います。

これをスタジオレッスンで行うのが『ボディシェイプサーキット』です。
有酸素PARTは、エアロビクスエクササイズ、もしくはステップエクササイズで行います。
心拍数を落とすことなく、チューブやライトウエイト、自体重を使った筋コンディショニングを有酸素PARTと交互に行うことによって、心肺持久力を高め高い脂肪燃焼効果が得られます。
最初は、少しきつく感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、非常に効率良くカラダを引き締めることが出来るエクササイズです。

この夏の引き締めボディにまだまだ間に合います。
自分の理想のカラダをイメージして頑張ってみましょう。


(大山)

画像(1):パラレルローイングのスタート
画像(2):パラレルローイングのフィニッシュ
※画像撮影者/大山
写真:パラレルローイングのスタート 写真:パラレルローイングのフィニッシュ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。