ひまわり

マネージャーのヒトリゴト2009.07.25

久しぶりに背の高いひまわりを発見しました。
最近品種改良された、背の低いひまわりを見かけることが多く、子供の頃の記憶にある見上げるように背の高いひまわりが少ないなあと思っていた所、ようやく見つけました。
ひまわりを見ると『夏』という気持ちになります。

あの黄色い花を見るとなぜか元気がでます。
子供の頃、ひまわりの種を集めて食べた記憶がよみがえってきました。
日本人は余り食べる習慣がありませんが、欧米ではひまわりの種は、ピーナツやアーモンドのように食されています。

ひまわりの種には葉酸、ビタミンE、鉄分、亜鉛、繊維、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、マグネシウム、カルシウム、カリウム、良質のたんぱく質、トリプトファン、リノール酸など幅広い種類の栄養分が含まれています。生活習慣病の予防や改善効果、他にも高血圧や貧血を防ぎ、脂肪を燃焼効果もあるようです。
日本ではあまり知られていませんが実はすごい健康食品なんです。健康のためには一日スプーン一杯(殻無し)程度を食べ続けると良いそうです。

メジャーリーグの選手たちの多くは、試合中にひまわりの種をよく食べています。ひまわりの種は、リラックス効果や集中力を高める効果があり、カロリーも低いからのようです。
日本では、りすのえさ的な扱いですが、実は栄養価の高い食品なんですね。
皆さんも試して見てはいかがですか?


(大山)

画像(1):背の高いひまわり
※画像撮影者/大山
写真:背の高いひまわり

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。