水分補給の方法

ダイエット・美容2010.05.13

暑かったり、涼しかったりと気温差が激しい日々が続いてますが、皆様体調など崩されておりませんか?

これから夏に向けて毛穴も開き汗をかくことが多くなってくると思いますし、
それにプラスして身体を動かす機会も増え、水分補給がかかせない毎日になるかと思います。

体重の3%の水分が失われると、運動能力や体温調節機能が低下してしまうらしく、喉が「乾いたな」と思ったときは既に遅いといわれています。

運動時は運動前30分にコップ一杯以上、運動中は15〜30分毎に一口、運動後は運動前に測定した体重の差量を飲むと良いそうで、夏は一日2リットルを目安に摂取することにより脱水や便秘予防、代謝のアップにつながりダイエットにも効果的なようです。

また、飲料水は塩分0.1〜0.2%や糖分3〜5%入っているものがベストのようです。

私も、常にペットボトルは持ち歩いて出勤しています。
最近は色々なミネラルウォーターを試して飲みやすさなど検証しております。

また、塩分・糖分はもちろん、使った筋肉の修復や再生に必要なアミノ酸配合のサプリも多く販売されてきましたので、レッスンはもちろん、マシンジムでも、プールでも是非、ペットボトルを持ってご利用頂く習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。


(小林)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。