悲しい別れ

店舗日誌2009.03.25

私、つい先日悲しい別れを経験しました。
それは、4年以上乗っている愛車のバイクとの別れです。
初めて自分でローンを組み、せっせと2年間かけてローン返済して購入したバイク。
始めは、時間があれば、行き先も無く走らせていたバイクですが、最近では中々乗れる機会がなく、ここ1年くらいは月1〜2回くらいしか乗ってませんでした。
サッカーの試合や、他のスポーツジムへ通う時などに使用していましたが、それも片道数キロのこと…。
もっと沢山走りたいだろうに、ガレージに入れたまま…。
もっと沢山走らせてくれる人の所に行ったほうが良いのでは?
そう考え、別れの決断をしました。
1度も倒したことのないピカピカボディ、まだまだかかりの良いエンジン。
いざ手元から離れていこうとすると名残惜しい。
でも、沢山の思い出をくれたバイクには最後は笑顔で見送ろうと思いました。
最後、曲がり角を曲がって見えなくなるまで…。

またいつか会える日を楽しみにしています。

これを機に、スタッフ和田に続き自転車を購入して運動不足解消をしようかとひそかに思っています。
(五十嵐)

画像/バイク
※画像撮影者/五十嵐


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。