夏バテしないために〜睡眠編〜

店舗日誌2009.07.30

毎日暑い日が続いていますが、皆様体調はいかがですか?私は寒い冬よりも夏の方が好きですが、夏バテしないように心がけていることがあります。夏バテの原因は、人間の体は、日本の夏のように高温・多湿な状態におかれると、体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消費し、かなりの負担を強いられます。多くの場合は、その負担に耐えられるのですが、過度に負担が強くなったり、毎日続いて長引いたりすると、その暑さに対応することができず、体にたまった熱を外に出すことができなくなり、熱が出たり、だるくなって胃腸の働きが弱まったりしてきます。

人間の体は、周りが暑くなると、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応しようとします。この体温調節は自律神経の働きによるものです。屋外の気温も湿度も高い状態から、室内のクーラーのきいた涼しい場所に移ると体は急にはついていけません。これを一日に何度も繰り返すのですから体にも負担がかかり自律神経も疲れてしまいます。

そこで、体力回復にてっとり早いのは「よく眠ること」です。熱いと寝付けないのでクーラーはつけますが、タイマーにしてつけっぱなしにしないようにします。あまり温度が下がった状態が続くと、体は体温を上げるために働いて、かえって疲れてしまうからです。また、勤務後にオアシスでトレーニングをしたりして汗をかいたりしています。ゆっくりと半身浴をしたりするのも効果的みたいです!

ぜひ、皆様もちょっとした工夫で夏を乗り切りましょう!


(矢野)

画像(1):眠るりきは長袖、長ズボンで
※画像撮影者/矢野
写真:眠るりきは長袖、長ズボンで

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。