こう見えて『あがり症』です。

店舗日誌2009.10.23

だんだん肌寒くなり、体調を崩しやすくなる季節になってきましたね。皆様は大丈夫ですか?
私は、担当しているGroup PowerやGroup Kick、Quick Workoutシリーズなどのグループレッスンに加え、1日おきの5kmのジョギングやマシンジムでのトレーニングやコマメなストレッチでカラダをケアしているので、ここ数年風邪知らずです!

風邪には強い僕ですが・・・実は人前には弱いんです。いわゆる『あがり症』です。
オアシスに勤務して4年目になりますが、今でもレッスン前は心臓がバクバクです。
そのため、しっかりとプログラムを覚え、ミスのないようにするために空き時間などを使って控え室で入念に練習をしています。そして本番は力を抜き、お客様に一番に感じてもらいたい『楽しむ』を心に、スタジオに向かいます。

あがり症の方へ。あがり症は練習によって改善できます。私のあがり症克服法をご紹介します。
まず、一旦今の自分を忘れ、レッスンをしているイメージを作ります。ここで、「楽しいイメージ」を残す事がポイントです。悪いイメージではなく、「この曲のココで盛り上げたら盛り上がる!」という具合に楽しくイメージするのです。
盛り上がるかなぁ?ではなくこの様に、盛り上げよう!とプラス思考にイメージする事で自分のモチベーションも上がり、舞台へ出やすいのです。

仕事でも同じです。あがって説明しては自分も困るし、何よりお客様は迷惑します。
そこでプラス思考です。「このお客様にしっかりと説明して満足して利用して頂こう!」こう思うだけでだいぶ違うと思います。

私はあがり症を欠点だとは思いません。むしろ好きです。
あがり症だからこそしっかりと見て、考えて、行動できます。甘えがなくなります。

さ!今日も仕事頑張りましょう!


(山田)

画像(1):集中しています
画像(2):予防マスクは必需品です。
※画像撮影者/岡野
写真:集中しています 写真:予防マスクは必需品です。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。