柿の栄養と効果

食事・栄養・レシピ2010.11.12

我が家では、夕食後に果物を食べるのが日課です。その中で、最近よく登場するのが「柿」。今回は、秋の味覚「柿」の栄養についてご紹介させていただきます。

柿には、レモンやいちごに負けないほどビタミンCが含まれていて、一般的な果物の中でもトップクラス。ビタミンCとビタミンAが、身体の抵抗力や免疫力を高める為、風邪を引きにくくする効果が期待できます。また、甘柿100g中のビタミンC含有量は70mgと多く、ビタミンAは干し柿にすると生柿の約3倍の効力になるそうです。

その他に含まれている成分、タンニンにはアルコールを分解する作用があり、ビタミンCとタンニンが血液中のアルコールを外へ排出し、さらに解毒作用・利尿作用のあるカリウムの効果で二日酔いになりにくいと言われています。お酒を飲む機会が増えてくる時期なので、お酒を飲む前に柿を食べれば悪酔いも防げそうですね!

写真にあるように、大きな柿でもカロリーは100キロカロリー弱なので、少しお腹が空いた時にもオススメです。もうすぐ柿の時期も終わってしまいますが、是非お試しください!


(川口)

画像(1):あなたの秋を健康に。旬の柿です。
※画像撮影者/川口
写真:あなたの秋を健康に。旬の柿です。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。