きのこの栄養と効果

食事・栄養・レシピ2010.11.26

運動しやすいこの季節、トレーニングにも力が入る中、食べ物も美味しく感じて食欲が増している方も多いのではないでしょうか。今の季節は、栗やさつまいも秋刀魚やきのこなどが美味しい季節ですね。その中で今日はきのこについてお話したいと思います。

実はきのこには多くの食物繊維が含まれています。食物繊維が豊富ということは、便秘解消に効果があり、結果的にダイエットにもつながるという事になります。実際に今「舞茸ダイエット」が流行っていますね。私も最近挑戦してみようと思い、毎日きのこを摂取しています。ダイエットをしようと思うとついつい栄養が偏ってしまうことがあると思いますが、きのこにはたくさんの栄養分が含まれており、また免疫力をアップさせる効果があるのでダイエットを考えている方にもオススメの食品です。ただし、きのこは8〜9割が水分のためたくさん食べ過ぎると体質によってはお腹を下してしまう可能性もあります。ですので、一日に100〜200g程度を目安に摂取するようにしてください。

他にもきのこにはコレステロールの吸収を抑制したり脂肪減少や動脈硬化の予防改善、血圧の降下、脳血管痴呆症の抑制、がんの予防など様々な効果があります。また、タンパク質の多い食品と一緒に摂取することで美容効果にもつながります。
調理法として炒め物やスープに入れたり、細かくきざみコロッケや餃子の具として加えるのもオススメです。これからの季節、お鍋に入れてもいいですね。皆様も是非、きのこの効果で健康に過ごしましょう。


(中西)

画像(1):自宅にある調理前のきのこです。旬の食材で健康に。
※画像撮影者/中西
写真:自宅にある調理前のきのこです。旬の食材で健康に。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。