白菜の栄養と効果

食事・栄養・レシピ2010.12.13

最近とても寒くなってきたので、我が家では鍋をする機会が増えました。味噌ベースの鍋が多いのですが、鍋にはたくさんの野菜が入っていて栄養も満点。かつ、とてもヘルシーなので安心して食べられます。鍋に入れるものはそれぞれの家庭で異なるとは思いますが、我が家の鍋には必ず白菜が入っています。

白菜はビタミンC、カルシウム、ミネラル、鉄、カロチンなど特に芯の部分に栄養が豊富に含まれているので風邪の予防、便秘の改善、ガンの予防などに効果的です。かぜの予防には、白菜と豚肉を合わせた鍋がよく効くそうです!まさにこの時期にぴったりですね。白菜の栄養成分はキャベツと似ているそうですが、キャベツに比べて糖質が少なくカロリーが少ないのでダイエット向きの食材です。

また、この季節は鍋だけではなく漬け物にしてもおいしい時期ですね。塩漬けにしてもビタミンCは損失が少なくミネラルも効率よく摂取できるそうです。白菜の他にも色々な野菜が入っていてカロリーも抑えられるので、忘年会などでカロリーオーバーしがちな人にはオススメです!
是非、お試し下さい。


(川口)

画像(1):野菜多め。ヘルシー鍋で年末年始を乗り切る
※画像撮影者/川口
写真:野菜多め。ヘルシー鍋で年末年始を乗り切る

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。