ちょっと健康豆知識 腰痛編

健康2015.05.01

皆さん、こんにちは! オアシス青山店で活動しているパーソナルトレーナーの桜井高志です。 日本人の多くが悩まされているカラダの不調の代表格「腰痛」。スポーツをすると痛い、荷物を持つと痛い、寝ていても痛い、しかも痛みの種類はズキズキ、シクシクなど様々・・・今回のテーマはそんな国民的な不定愁訴の代表である「腰痛」についてです。 それではどうぞ!

◆なぜ腰痛になる?
原因は様々です。 多くの場合はこれまでのスポーツ歴や既往歴(病気やケガ)、生活習慣、体型によって発生すると言われています。 なかでも最近は生活習慣が原因による腰痛が若年層にも広まっているようです。

◆どのような人が腰痛になりやすい?
生活習慣による腰痛とはズバリ日頃の「姿勢」。 皆さんはカバンなどの荷物はどのようにして持ちますか?重い物を持ち上げるときにはしっかり膝を曲げて持ち上げていますか? こうした日々の偏った生活習慣でカラダは歪み、痛みとなって現れるのです。

◆姿勢を悪くさせる姿勢とは?
「そもそも姿勢が悪くなる原因が日常生活にあるのか!?」と考える人も少なくはないはず。そこで、皆さんは日頃から以下のような姿勢をとっていたりはしませんか?
【立位】
片脚に体重をかけて立ついわゆる「休めの姿勢」
【椅子】
浅く腰を掛けて倒れこむように座る
【座位】
脚をどちからに出して座るいわゆる「女性座り」

◆腰痛の効果的な改善法は・・・
ツライ腰痛を改善するには、根本的な問題を突き詰める必要があります。無計画に無理した運動を行ってみたり、マッサージばかりに頼っていては根本的な問題の解決にはつながりにくいでしょう。問題解決には今回ご紹介したご自身の「生活習慣」の中にヒントが隠れているかもしれませんよ。


(桜井高志)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。