背中トレーニング・マシン編

フィットネス・エクササイズ2018.02.07

こんにちは、フィットネススタッフの横塚です。

本日はラットプルダウンというトレーニングをご紹介します。
ラットプルダウンとは肩甲骨まわりの筋肉を鍛えるのに効果的なトレーニング法です。
ターゲットとなる筋肉は広背筋と大円筋という部分になります。
まず広背筋は背中の大部分を覆っている非常に大きな筋肉です。男性は逆三角形の体、女性はくびれを作る為にも筋肉をつけたい部分になってきます。

写真:肩甲骨を動かします
画像(2)肩甲骨を動かします

ラットプルダウン

主動筋:広背筋、大円筋
協働筋:上腕二頭筋、僧帽筋(下部)

写真:胸を張り目線は斜め上で
画像(1)胸を張り目線は斜め上で

ラットプルダウンの動作

1 肩幅よりこぶし1個半〜2個あけてグリップを握ります。

2 背中を丸めないように注意して胸を張ります(目線は斜め上にするのがポイント)

3 鎖骨あたりに向かってバーを引きます(肘から動作し肩甲骨を動かす意識でおこないましょう)

4 腕を伸ばしていく際は2〜3秒かけるのがポイントです

写真:腕には力を入れすぎないようにしましょう
画像(3)腕には力を入れすぎないようにしましょう

回数:10〜15回 3セット
最初はフォームを意識して初めてみてください。
男性は逆三角形のかっこいいカラダ、女性はくびれを作るためにも背中トレーニングは重要になってきます。


(横塚)

画像(1):胸を張り目線は斜め上で
画像(2):肩甲骨を動かします
画像(3):腕には力を入れすぎないようにしましょう
※画像撮影者/横塚
写真:胸を張り目線は斜め上で 写真:肩甲骨を動かします 写真:腕には力を入れすぎないようにしましょう

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。