膝、痛くない

店舗日誌2018.05.15

これからお仕事の方も、昼休みの方も、お仕事終わりの方も、お疲れ様です。
フィットネススタッフの根津です。

僕は今、これまでにはなかった感覚に悩まされています。

それは、膝痛。
なんと、膝痛。
まさかの、膝痛

年齢的には「まだまだ若い人には負けられんよ」と言いたくなるくらいのお年頃にはなりましたが、こんなにも早く、思いもよらない痛みにショックを受けております。

原因はすでに判明してます。
「運動する際、体の動かし方を本来すべき動きと間違えていた」のです。

自分は今現在、伝統武術の少林拳を学んでおり、よく自主練習をしていますが、その次の日に膝痛がありました。結論から言えば、自分の動かし方が先生や先輩方とは違う、間違った動かし方をしてしまっていました。膝関節にばかり仕事をさせるような、負担をかけた動かし方をしていた結果、痛みが出てしまったかなと自分では考えています。

ラフィールには知識と経験が豊富なプロのトレーナーが多くいます。あるトレーナーさんに相談したところ、瞬時に原因を見極め、膝まわりをケアしていただき、劇的に楽になりました!流石のコンディショニング技術です。
しかしまた練習すると痛みが出るので、どうにか自分でケアできないかと思い、ストレッチポールで太もも前側、特に膝近くをコロコロほぐしてみたところ、、、これが効果テキメン。トレーナーさん程ではないにしろ、十分動ける膝になりました!

写真:膝を前に出して曲げると、ここですでに痛みが・・・
画像(1)膝を前に出して曲げると、ここですでに痛みが・・・

写真:ポールでコロコロ
画像(2)ポールでコロコロ

写真:フルで曲げても無痛!
画像(3)フルで曲げても無痛!

最近は運動するときに膝に負担がかからないようにし、股関節や丹田を意識的に使うことで、翌日の痛みはかなり軽減されています。しかし、やはり長い時間集中して練習していると、膝の痛みが出てきてしまうこともあります。そんな時はポールでアフターケア!これでまた動けます!

合理的な体の動かし方を知る大事さ、トレーナーが持つ本物の技術の素晴らしさ、そしてそれを再現すべく創意工夫されたフィットネスツールの有効性、人生初の痛みから多くの学びを得ることができました。

また一つ成長することができた、根津でした。
膝、痛くない。


(根津)

画像(1):膝を前に出して曲げると、ここですでに痛みが・・・
画像(2):ポールでコロコロ
画像(3):フルで曲げても無痛!
※画像撮影者/根津
写真:膝を前に出して曲げると、ここですでに痛みが・・・ 写真:ポールでコロコロ 写真:フルで曲げても無痛!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。