main_blog main_blog

オアシス武蔵小金井店ブログ

武蔵小金井店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

あの場所へ再び

こんにちは。少しご無沙汰してしまい申し訳ありません。残暑厳しき中いかがおすごしでしょうか。
ここのところの異常気象における水難事故や自然災害で被害が多発しております。近年地球規模でさまざまな災害が発生しており自然災害の恐ろしさを痛感しております。被害に合われた皆様には深くお見舞い申し上げます。

さて、久しぶりに連休を頂き再びあの地へ行ってまいりました。岩手県陸前高田市へ。
今回の訪問は二度目、ちょうど一年前にはじめてこの地を訪れて自然災害の恐怖にさらされました。3月11日以降 何か自分でも行動を起こさないといけないと震災から1年経過した昨年7月に初めて被災地へ行きました。本当にそこに町があったのかと思うぐらい跡形もありませんでした。被災地で全てがなくなり悲しみがひしめいている環境を少しでも住める環境に戻したいという気持ちは無残にも打ち砕かれてしまいました。2日間で作業できた活動は側溝の泥除去作業20メートルたらずでした。人間の無力感を感じつつ、その地をあとにしました。

しかし、現地の人はそんな瓦礫だらけの土地でもふるさと復興の為に毎日懸命に努めています。
全国の方々がボランティア活動に参加いただいてもあと何年、何十年、何百年たったら復興できるのかわからないです。でも諦めたらそこでその地の復興は絶えます。ひとりでも多くの方々が継続し続ける志を絶やさないことが必要なんだと。私一人の力は微力ですが、それでも毎年1回でもこの地を訪れ、少しでも復興のお手伝いをすることでお役ににたてればと思っております。

今回は災害ボランティア活動として海岸一帯の遺品の捜索活動でした。

画像(1)海岸沿い


まだまだ、遺族に会えない方々がたくさんこの地に眠っています。一刻も早くご家族のもとへ帰してあげたいです。また必ず行きます。現地のボランティア活動に参加している皆さん本当にありがとうございます。

画像(2)作業風景



(山崎)

画像(1):海岸沿い
画像(2):作業風景
※画像撮影者/山崎
あの場所へ再び あの場所へ再び
2013年09月04日│Charities(VILLAGE)
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。