main_blog main_blog

オアシス十条24Plusブログ

十条店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

プロテインとは?

みなさん、いつもトレーニングをしている徳永です。今回は誰もが聞いたことのある『プロテイン』についてお話しします。

まず、みなさんはプロテインにどのようなイメージをお持ちですか?「飲んだら太る」、「筋肉を付けたい人が飲むもの」、「不味くてわざわざ飲むものではない」というイメージをお持ちではないでしょうか?体の半分が優しさとプロテインで出来ている私は、そのようなネガティブなイメージを持たれている方が多く、非常に悲しいです・・・。

このイメージ・・・半分は合っていますが、半分は間違っています!
では、そのネガティブなイメージに当てはまる人はどのような人なのか。次に挙げる項目に該当する場合は太ってしまいます。

・普段から運動をしていない方
・強度の軽いトレーニングしかされていない方
・食事だけで十分な栄養を摂っている方
・昔、粉っぽいプロテインを飲んでいた方(→今のプロテインは進化しています!)

最後以外は太ってしまう原因です。
これらに該当する方はプロテインを飲んでしまうと太ってしまいます。カロリーたっぷりジュースみたいなものですから。

しかし、このブログを読んでおられる方々は日頃から運動をされていると思うので、ネガティブな話はこれで終わりにします。
では、プロテインとは何かを説明します。プロテインとは、日本語で「たんぱく質」という意味になります。そう、プロテインとは言わば「たんぱく質ジュース」です。
そして、プロテインはラテン語で「もっとも大切なもの」という意味です。
つまり、たんぱく質は人間にとって欠かせないものになるのです。身体の中でエネルギーとなるのは主に「たんぱく質」・「糖質」・「脂質」であり、さらに、この3つが合わさることで筋肉が作られていくのです。中でもたんぱく質が重要になってきます。
栄養が十分にあって空腹でない状態(“アナボリック”)の時は主に糖と脂質をエネルギーに身体を動かすのですが、空腹状態(いわゆる”カタボリック”)だとたんぱく質をエネルギーにしてしまい、たんぱく質の塊である筋肉を分解してしまうのです。
それを防ぐためにも、たんぱく質の摂取量は気にして生活してみましょう。およそ1日に必要な量はおよそ『体重×1g』になります。(体重50kgであれば50gです。) トレーニングをしている方であれば『×2g』は必要になります。
食事だけではたんぱく質を補うことは経済的にも摂取カロリー的にもキツイものがあるので、ここでプロテインの出番です。プロテインであれば、効率的にたんぱく質だけを摂取できるので余計なカロリーをカットでき、手軽に摂取できるので、身体づくりの味方となってくれます。
ダイエットや筋力アップでは空腹は敵になります。ですので、目標に対しての最低限の摂取カロリーでいかに筋肉を付けられるか、そして、その筋肉を維持していけるかが大事になってきます。正しい知識を付けた上で、プラスになることを行っていき目標に向かって頑張っていきましょう!

画像(1)



(徳永)
プロテインとは?
2015年03月29日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。