main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

都内の避暑スポット

厳しい残暑が続きますが、皆様お変わりございませんか?
じっとしていても汗の滲むような暑さから逃げ出そうと、先日、東京は西の奥地にある“日原鍾乳洞”へ足を延ばしてきました。
日本八大鍾乳洞の1つに選ばれるほど名のあるところのようです。
この豆知識はだいぶ後になって知りました。

さて、同じ東京都ということで油断してましたが、この鍾乳洞かなり遠いです。
新宿から電車で1時間半揺られ、ローカルバスで40分揺られ、そこから山道を歩いて・・・歩いて・・・ひたすら歩いていかなければなりません。
(普段は鍾乳洞まで行くバスがあるそうですが、その日は運悪くそのバスが出なかったようです。豆知識その2です。)

到着した時は、したたる汗と疲れで視界がぼやけていました。
ところが、鍾乳洞へ一歩踏み込むと、涼やかな澄んだ空気が体を包み込んでくれます。
中の気温はたった10℃。外との温度差はなんと20℃もあります。

あんなに騒がしかった蝉の声は完全にシャットアウトされ、頼りない蛍光灯だけが唯一の光源です。
内部は別の空間だと錯覚を覚えるほど、異質な雰囲気でした。

そんな中学生が考えそうなことを頭にちらつかせて、多少の寒さに震えつつマイナスイオンで体がリフレッシュされる心地よさを感じていました。
岩だらけのゴツゴツとした細道を奥へ奥へと進んでいくと、突然視界がパアッと広がる場所へ出ます。
ここ一番の目玉、自然の大広間です。
それまでの狭い道が嘘のような、ちょとしたビルがまるまる一つ入るほどの空間です。
この光景には圧倒されるばかりで、うまく言葉に表せません。

都内の避暑スポットとして、ぜひ訪ねてみて下さい。


(坂井)

画像(1):マイナスイオンを浴びてリフレッシュ。
画像(2):中はとても涼しいですよ〜。
※画像撮影者/坂井
都内の避暑スポット 都内の避暑スポット
2009年08月15日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。