main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

研修のひとコマ〜プールでの救助訓練〜

本駒込店では毎月1回水曜日の休館日に全体ミーティングを行い、フィットネス知識の向上・施設の勉強会・救急法や接客スキルの向上の勉強会を行っています。
そこで今回のブログでは8月のプールでの救助訓練を報告したいと思います。

普段、陸上での救急訓練はよくやっているのですが、プールという水の中でもしっかりと安全確保ができることがこの訓練の目的です。

まずはプールからの引き上げの練習です。
最悪の状況を考え溺者は意識がないという設定なので、溺者役のスタッフは全身の力を抜き脱力した状態です。脱力した人間は体が柔らかいので非常に持ち上げにくいので、2人での救助が基本となります。
1人がプールの中に入り足を固定し持ち上げる準備をします。もう1人が上から溺者の両手を持ち合図と同時に捻りながらプールから持ち上げます。(この捻るのがポイントです)

体の小さなスタッフが大きなスタッフを持ち上げるのはきつそうでしたが、そこはフィットネスクラブのスタッフなのでパワー全開で持ち上げます。もちろん女性スタッフも男性を持ち上げる練習をしました。

次は、CPR(心肺蘇生法)の練習です。
プールから上げた溺者は意識なし・呼吸なし・心肺停止という設定です。陸上でのCPRと違い体が濡れているのでAED(自動体外式除細動器)を使うにあたって体をすばやく拭き、スムーズなCPRを心掛けました。

その後、実際での営業中と同じ状態で、溺者発見→救助→CPR→AEDという流れで訓練しました。部分的な練習と違い、実際は心拍数もあがり、廻りからの目もあるので頭の中が真っ白になりそうですが、何度も練習し体で覚えました。

今回は意識がなく溺れて浮かんでいるという最悪な状況を想定しての訓練でしたが、もちろんそのような状況にならないよう日々安全管理に努めていきたいと思います。

また全体ミーティングでの研修の様子をご報告させて頂きます。


(毎月研修やっています。/菅)

画像(1):真剣に聞いています!
画像(2):引き上げるには「ひねる」がポイント。
画像(3):CPR開始!
※画像撮影者/木村
研修のひとコマ〜プールでの救助訓練〜 研修のひとコマ〜プールでの救助訓練〜 研修のひとコマ〜プールでの救助訓練〜
2009年09月07日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。