main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

握力の重要性

みなさんは握力を強化するトレーニング方法をご存知ですか?

一般的に握力とは手のひらで握る力(握力計で測れる)の事を言います。しかし実際には握力には、手のひらで握る力の他に、ピンチ力(指で物をつまむ力)・指の力(指の腱の力) 物を持って保持する力などいろいろな種類があります。

手は第2の脳である!手は直接脳の支配下にあって、手の動きは脳の動きに反映しています。つまり握力の強さや指の力が衰える事は脳が衰える(老化する)のと同じことだと言われています。

そこで今日は脳の活性化の為に自宅でも簡単に出来る握力強化のトレーニングをご紹介したいと思います♪やり方簡単です!用意する物はタオル1枚です。とっても手軽です。

まずはタオルを適当に4回くらい折ります。後は雑巾を絞るように内側に捻ります。これを5回位を3セットを左右に行います。

もう1つは指のトレーニングです。手のひらを大きく開いた状態から軽く指を曲げます。そのまま指の第一関節を壁に押し当てます。

握力が増して手の神経が促通すると脳が活性化して今までよりもポジティブに物事を考えられるようになるかも知れませんね!


(松浦)

画像(1):こんな感じで捻ります。タオルで物足りない方はバスタオルでやると強さが増します。
画像(2):壁を5本の指で掴むイメージでやるといいです。但し…壁が壊れ易い素材の場合は床に向かって(指立て伏せみたいにして)膝を着いて指で押してください。
※画像撮影者/松浦
握力の重要性 握力の重要性
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。