main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

ビリッ!バチッ!の意外な悪影響と対策

朝と夜の冷え込みが厳しくなり冬を感じる機会が増えましたね。わたしは昨夜帰宅したときに冬の訪れを実感しました。みなさんにも経験があるはずです。ドアを開けようと伸ばした指先に走る電流。

ビリッ!痛い!そう、静電気です!

ドアノブのような金属のほか、人に物を渡そうとした瞬間やセーターを脱ぐときなど静電気はこの時期になると頻繁に私たちを困らせますよね。昔は下敷きで髪を立てて遊んでいたのに、あのときの童心はどこへやら…。

そんな冬の嫌われ者(?)静電気ですが、みなさんは静電気が発生する仕組みをご存知ですか?今回は静電気を感じないようにする予防法と合わせてご紹介いたします。

まず静電気発生の仕組みを簡単に説明しますと、ありとあらゆる物体にはプラスイオンとマイナスイオンが1つの個体につき同じ量だけ含まれています。2つの個体が擦れ合い摩擦が起きると一方の個体にはプラスイオン、もう一方の個体にはマイナスイオンが移動して電気を帯びるようになります。本来の状態よりもプラスイオンを多く含んだ物体は、増えすぎたプラスイオンを放出させる相手を探して元のイオンバランスに戻ろうとする働きが強くなります。そしてその相手が見つかった瞬間に放電してプラスイオンとマイナスイオンの数を正常に戻すのです。おわかりいただけましたでしょうか?

摩擦によって生まれた電気そのものが普段私たちの言う「静電気」で、あのビリッ!という刺激は静電気を帯びた体が放電したときに感じるものだったのです。

放電時にはカルシウム・ビタミンCが流出してしまい美容と健康のためにもよくありません。
また、静電気を帯びていると空気中の埃を吸いつけてしまうのでアレルギー体質の方はあまり静電気を溜めない方がいいですし、そうでない方でも免疫力低下・ストレス・肩こりの一因になるので注意が必要でしょう。

静電気を溜めない方法として最も簡単なのは加湿が挙げられます。空気中の水分量が増すと水が物質に発生した静電気を分散し、電気が溜まりにくくなります。その他に壁・地面といった身近なものに触れることによって電気を逃がす方法もありますが、今は静電気防止&除去グッズというのも販売されており、100円ショップなどで簡単に手に入れることができます。そして放電に伴う痛みを防ぐためには、指先からではなく思い切って手のひらから触れるようにしてみてください。細い指先というのは痛みを敏感に感じる部分でもありますし、電気は指先からの方が流れやすいようです。最初は半信半疑でしょうが一度試してみてください。

今回は静電気にスポットを当ててみましたが東京の冬はとても乾燥するので体調管理はもちろん、火の元にも気をつけてお過ごしください。


(渡辺香)

画像(1):指先を近づけると静電気を感じやすいので・・・。
画像(2):手のひらから持つといいですよ!
※画像撮影者/渡辺香
ビリッ!バチッ!の意外な悪影響と対策 ビリッ!バチッ!の意外な悪影響と対策
2010年11月26日│ダイエット・美容
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。