main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

Group Kickのコツ 〜ジャブ・クロス編〜

オアシスにはGroup Kickという格闘技系のレッスンがあります。これはボクシング、キックボクシング、ムエタイ等のあらゆる格闘技の動作を音楽に合わせて行う45分もしくは60分のレッスンです。格闘技が好きな方、仕事のストレスを発散したい方、ダイエットしたい方など目的は様々。もちろんこれからやってみたい方にもおすすめです!

そこでこのGroup Kickを既に受けている方、またこれから始めようと思っている方へ動作のポイントを紹介します。今回はGroup Kickの基本の「ジャブ」と「クロス」について。

ジャブとはファイトスタンス(左右どちらかの足を一歩前に出した状態)で出した足と同じ側の手でパンチを打つことです。それとは逆に出した足と反対側の手でパンチを打つことをクロスと呼びます。さらにニュートラルスタンス(両足を横に開いた状態)では左右どちらでパンチを打ってもジャブとなります。このジャブとクロス、一見ただパンチを打ってる様に見えますがポイントは沢山あります。

まずジャブです。拳を真っすぐ前に出すと同時に肩も前に出します。さらに腰を回転させ、前に出した足(踵)も回します。(写真1)

次にクロスです。ジャブと同様に拳を突き出す時も肩を前に出し、腰・足首も回転させます。手だけにならないよう体全体を使って打つのがポイントです。(写真2)

また動作を安全に行う為、パンチ打つ時に肘を伸ばしきらない(=ロックしない)ことも大切。
このように動作のポイントをしっかり掴めばかっこ良く見せることが出来ます。初めての方も普段受けてる方もちょっと意識してみてはいかがでしょうか?Group Kickでぜひ試してみてください!


(穴久保)

画像(1):ジャブです。
画像(2):クロス!体全体を使います。
※画像撮影者/飯沼
Group Kickのコツ 〜ジャブ・クロス編〜 Group Kickのコツ 〜ジャブ・クロス編〜
2011年12月05日│MOSSA
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。