main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

腹筋大会!

先日勤務後にスタッフ5人で腹筋大会を行いました。ルールは至ってシンプル、一人ずつ腹筋運動を指示しながら10カウントし、指示する人を交代しながら腹筋の運動を行うというもの。

一人三回ずつ担当したのでシンプルに計算すると150回!の腹筋をしました。15種類の腹筋運動で、お腹のいろいろな部分のトレーニングが出来ました。とても疲れました。次の日はもちろん激しい筋肉痛でした…。そこで今日は、腹筋運動の種類と、それで鍛えられる箇所について簡単にご説明します。

上体起こしの運動では主にお腹の上部を鍛えられます。一般的に広く知られている腹筋運動です。息を吐きながら上体を起こします。体をしっかり丸める事も必要なので、おへそに息を吹きかけるようにして運動するのがおすすめです。

一方、下腹部を鍛えるときは足を上下させる運動です。レッグレイズとも呼ばれています。腰がそらないように気をつけてください。

あとおろそかにしがちなのが腹斜筋のトレーニングです。脇腹のあたりに斜めに走っている筋肉です。体のひねりを加えながら上体起こしの運動を行うことでうまく鍛えることができます。イメージとしては右肩(左肩)と左膝(右膝)を近づけるような感じです。また、横向きで上体を起こすサイドベントも効果的です。脇腹にしわを作るような感じで上に来ている手を同じサイドの足のくるぶしにできるだけ近づけるように行います。

お腹のショートレッスンではこれらだけでなく、いろいろな種類の腹筋運動を紹介しながらトレーニングを行っています。参加するだけで新しい腹筋運動の種類を覚えることもできますよ。忘年会シーズンでたるみがちなお腹をひきしめていきましょう!


(日高)

画像(1):つらい腹筋もみんなでやれば楽しいです!
※画像撮影者/日高
腹筋大会!
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。