main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

Group Kickのコツ 〜ラウンドハウスキック編〜

今回のGroup Kickのコツは「キック」についてです。キックと一言でいっても色々あり、フロントキック、サイドキック、バックキック、ラウンドハウスキック等と様々です。その中から今回はラウンドハウスキックに絞って上手く行う為のコツをお伝えします。前回のブログでお伝えしたしたジャブ・クロスと合わせて攻撃のバリエーションを増やして、かっこよく魅せる動きを目指しましょう!

まずラウンドハウスキックとは自分の目の前にいる敵を倒す為の攻撃手段の一つです。上半身を若干後ろに傾けて片足立ちになり、バランスを取り脚を伸ばして蹴ります。

[写真1:キックの準備姿勢]
蹴る動作を行う為にはしっかりとした土台=姿勢が必要。初めに足をセットする時に踵を蹴る方向(=目の前の相手)に向けて置き、反対側(蹴る方)の脚の膝を曲げたまま上げていきます。

[写真2:蹴る瞬間]
蹴る方の脚を上げると同時に、正面を見たまま胸を張って両手もセットします。そして膝を伸ばして蹴ります。この時、肩・膝・踵が前に対して一直線になっていること。

また安全面を考慮して蹴る高さは、股関節に負担がかかり過ぎない様にする為、脚が床と平行よりも高くならない様にすることが基本です。

パンチとキックを組み合わせてかっこ良い動きをぶちかましましょう!


(穴久保)

画像(1):キックの準備姿勢です
画像(2):蹴る瞬間です
※画像撮影者/飯沼
Group Kickのコツ 〜ラウンドハウスキック編〜 Group Kickのコツ 〜ラウンドハウスキック編〜
2012年02月07日│MOSSA
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。