main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

飲酒のコツ

フィットネスセンターでカウンセリングをしていると、やせたいけどお酒が止められない、といった声を良くお伺いします。お酒が絶対駄目という訳ではありません。ではどうすれば良いのか、少しコツを伝授(!)致します。

1.お水をセットで飲みましょう
お酒やタバコといった嗜好品は、口が寂しかったり手が寂しかったりすることで手が伸びている場合があります。お水を手元に置き、お酒を飲んだら少しお水も飲むようにしてみると、ある程度お酒の量が抑えられます。

2.グラスに移して飲むようにしましょう
グラスやコップに移すことで時間がかかります。かけつけ1杯やお風呂上りに冷蔵庫から出して直接プシュッとしてしまうと、一気になくなりがちですよね。できれば少し小さめのものにすると杯数が多くなるので、抑える意識が出てきます。また、グラスで高級感のあるものを選ぶと、グラスの上げ下ろしにも気を使うので、動作がゆっくりになり酒量が抑えられるかもしれません。

3.一緒に食べるものを選びましょう
お酒は基本的に糖分イコール炭水化物にあたります。お酒の量が多い場合、炭水化物を少なめにして調節してみましょう。また、空腹時に食べたり飲んだりしたものは吸収されやすくなるため、最初に食べるものはきのこ類や野菜類などのカロリーが低いものを選んだり、排出を促すため食物繊維を取るとトータルでのカロリーが抑えられます。噛み応えがあり時間がかかるものも有効です。これは満腹中枢の働き始めるのが食後20分からと言われているためです。

我慢したりやめたりすることが出来るならいいのですが、無理ならどうすれば抑えられるのか考えてみて下さい。何かひとつでも変えることが出来たならGOODです。一つ出来たらまたもう一つ考えて実行してみる。その積み重ねで少しでも減らすことが出来れば、上出来ではないでしょうか。ご自分では思い浮かばなかった方、上記を参考にして頂いたり、フィットネススタッフに相談してみて下さい。何か一つでもご提案をさせて頂けるのではと思います。


(芦田)

画像(1):脂肪分の低いベーグルをお供に
※画像撮影者/芦田
飲酒のコツ
2012年04月12日│ダイエット・美容
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。