main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

ラジオ体操

もうずいぶん昔のことですが、子供の頃の夏休みと言えば、プール!花火!宿題!海!スイカ割り!…楽しいことも、子供心にあまり楽しくないこともたくさんあったような気がします。

この夏、長男が小学生になって初めての夏休みを迎えました。母親としては、いろいろな心配事がありましたが、そのうちのひとつがラジオ体操でした。普段ならやっと起きるような時間に出かけて身体を動かすことなんてできるのか…?

夏休みのラジオ体操は地域によって取り組み方が違うようで、私が小学生の頃住んでいた神奈川県のある市内では七月中だけでしたが、移り住んだ新潟県のとある離島の小さな町では夏休み中毎日、しかもラジオ体操の後に小学校のグラウンドのランニングまでセットでした。子ども会から来た案内によると、我が家の近くのラジオ体操は、夏休み前半の2日間と後半の2日間だけしかやらないとのこと。長い夏休み中に4日だけではちょっと少なすぎるような…。

そもそもなぜ夏休みにラジオ体操をするのでしょうか?夏休み中は生活のリズムも乱れやすいので、子どもたちに早起きして身体を動かす機会を作ってくれたのかも知れませんね。

せっかくいい機会なので、夏休み始めの2日以降しばらくラジオ体操をする機会がない息子と一緒に、ウン十年振りに私もラジオ体操をやってみました。身体を捻ったり伸ばしたり、つらい動きはあまりないものの、半分くらいやったところで身体の中がじーんと熱くなってくる感じがしました。ほんの数分ですが、身体がほぐれてスッキリした気がします。

早朝の運動については賛否両論ありますが、体感的にはラジオ体操くらいの軽い運動なら、身体もシャキッと目覚めるし、無理なく続けられそうな気がしました。これから朝の習慣にしてみたいと思います。


(中見)

画像(1):ラジオ体操カード
※画像撮影者/中見
ラジオ体操
2012年08月21日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。