main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

足の衰えチェック!

前回のブログではお客様からよく聞かれる質問についてのお話をしましたが、今回はトレーニング指導の時によく出てくる話題についてお話したいと思います。

「よくつまづくんです・・・」

なにもない平地でつまづいたり、階段でよく転んだり、坂道の上り下りが辛いなど・・・太ももを持ち上げる筋肉、『腸腰筋』が衰えているのかもしれません。
腸腰筋とは、腸骨筋・大腰筋・小腰筋の3つからなる背骨と骨盤、大腿骨をつなぎ姿勢を保つ筋肉です。太ももを持ち上げるのはもちろん、姿勢を正しく維持するので腰痛・肩コリの改善・予防やヒップラインが上がったり、お腹が凹んだりと嬉しい効果がたくさん期待できます。
今日はそんなステキな筋肉、腸腰筋の衰えチェック方法をご紹介します。

1.頭、肩、お尻、かかとの4点を壁につけ立つ。

画像(1)壁に背中をつけます。



2.片足を持ち上げ5秒間維持する。終わったら反対の足でもう一度。

画像(2)体の軸が動かないように片足ずつ持ち上げます。


壁に立つときは、手や頭などで体を支えないように気をつけるのと、足を持ち上げるときに体の軸がぶれたり足を踏みなおしたりしないように気をつけます。

【足が上らない場合】
→腸腰筋と腹部の筋力(腹筋)が弱い

【足は上がるけど維持できない、ぐらつくなどの場合】
→左右どちらかの腸腰筋のバランスが悪い

運動後は体のアライメント(バランス)が整っていることが多く、簡単に出来てしまう場合があるので自宅に帰ってこっそりやってみてください。
腸腰筋のトレーニングについてはぜひフィットネススタッフにお気軽にご相談ください!


(申)

画像(1):壁に背中をつけます。
画像(2):体の軸が動かないように片足ずつ持ち上げます。
※画像撮影者/玉岡
足の衰えチェック! 足の衰えチェック!
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。