main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

健康豆知識 「鼻血」編

風の強い日があったり雨が降ったりと天気が安定しない日が続きますね。最近、身の回りにいる人たちがよく鼻血をだしているのを見かけます。と、いうことで今回は鼻血についてお話したいと思います。

鼻血が出る原因は様々で大人や子供で大きく違ったり、病気によるものなど色々です。鼻血に限りませんが、体が目に見える形で出すSOSのサインになりうることもありますのでいつもと違う気がする、と思ったら少し注意したほうが良いかもしれません。

さて、鼻血が出たときの対処法ですが、人によって結構バラバラだったりします。実は大体が医学的根拠がないもので逆に出血量を増やしてしまう恐れもあります。鼻血が出たらまずは着ている衣服を緩くし、身体を起こしてイスに座る姿勢を取り、顔をやや下向きにして血液が喉に流れ込まないようにします。そして親指と人差し指で鼻の下(小鼻)を摘み、5〜10分ほど圧迫してください。これを圧迫止血法といいます。殆どの場合はこれでとまります。

画像(1)圧迫止血法です。5〜10分ほど圧迫してください。


間違った方法として、上や横を向く、首をトントンと叩くなどがありますが、これらは迷信みたいなもので医学的根拠は無いので注意してください。鼻血を飲み込んでしまうと吐き気を催したり、胃が消化不良を起こす可能性があるのでこれも注意が必要です。

鼻血の予防であげられるのは、蕎麦粉が鼻の粘膜を強くしたりレンコンが止血作用を促進するなどがあります。身体を構成するのはたんぱく質なので良質なたんぱく質を摂取するのも重要です。

まだまだお伝えしたいことがありますが長くなってしまうので今回はココまでにしておきますね。みなさん鼻血の正しい対処法を身につけましょー!


(藤本)

画像(1):圧迫止血法です。5〜10分ほど圧迫してください。
※画像撮影者/藤本
健康豆知識 「鼻血」編
2013年03月19日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。