main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

知っ得情報ブログその1

皆さんこんにちは!女性のためのボディメイクスクール【美体塾】がお届けする、知って得する「知っ得情報ブログ」です。

今回は、「太らないお酒の飲み方」をご紹介いたします。

● 肝臓の「ダイエット機能」と「解毒機能」

人間の体にアルコールが入ると、肝臓は「解毒機能」を最優先で働かせてしまい、糖質や脂質を代謝させるなどの「ダイエット機能」が一時的にストップしてしまいます。つまり、アルコール自体にカロリーは無くても、一緒に食べたものが脂肪として蓄えられやすくなってしまうのです。またビールや日本酒、ワインなどのお酒の場合は、それ自体に麦や米、ブドウなどに含まれる炭水化物がもれなく付いてくるので特に注意が必要です。

● 太らないお酒の飲み方は?

1. お酒自体を『炭水化物』と考える
やはり食事は、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランス良く。お酒を飲む場合は、この中の炭水化物はお酒で補いきったものと考え、ご飯類や麺類は控えるようにしましょう。締めのお茶漬けやラーメンは厳禁です。

2. 炭水化物の少ないお酒を飲む
焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカ・ジン・ラムなどの「蒸留酒」がこれに該当します。蒸留酒は、醸造酒のアルコール分だけを蒸留して取り出したもので、糖質(炭水化物)はほとんど残っていません。また、アルコール濃度は高いですが、それ自体は肝臓にも優しいといわれています。

画像(1)夏はビールが美味しい時期ですが、要注意です!


皆さんも、ぜひ参考にしてみてください。

次回のテーマは「夜に食べるとなぜ太る?」です。ボディメイクのためのお得な情報を今後も定期的に配信していく予定なので、次回もまたお楽しみに!!


(仮屋崎)

画像(1):夏はビールが美味しい時期ですが、要注意です!
※画像撮影者/仮屋崎
知っ得情報ブログその1
2014年06月22日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。