main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

知っ得情報ブログその2

皆さんこんにちは!女性のためのボディメイクスクール【美体塾】がお届けする、知って得する「知っ得情報ブログ」です。

今回のテーマ「夜に食べるとなぜ太る?」

●太陽の高さに反比例!?脂肪を溜め込むタンパク質「BMAL1」

『BMAL1』(ビー・マル・ワン)というのは、体内時計を調節するタンパク質で、同時に脂肪を体内に積極的に溜め込もうとする性質も持っています。また体内でのBMAL1の量は変動的で、深夜1〜2時頃が最も多く、午後2〜3時頃が最も少なくなります。そのため夜間の食事は日中以上に脂肪になりやすいのです。

●ダイエッターの夜はこうやって過ごそう!!

1. 夕食は夜8時までに済ませる
BMAL1は夜8時あたりから急激に増えていきます。夕食はそれ以前に済ませておいた方が無難でしょう。仕事の都合等でどうしても夕食が遅くなってしまう場合は、ご飯やパン・麺類などの炭水化物は少なめに。

画像(1)つい食べたくなってしまう〆のラーメンも、ダイエッターは我慢しましょう。


2. 逆転の発想「お腹が空いたら痩せるチャンス」
夕食を早めに済ませると、深夜になってお腹が空いてしまうこともあります。しかし、この時の空腹感こそまさに「脂肪の断末魔」。あなたの脂肪が消えてなくなっていく瞬間なのです。この空腹を楽しみながら、翌日の朝食まで攻めの姿勢で脂肪を撃退し尽くしましょう!

皆さんも、ぜひ参考にしてみてください。

次回のテーマは「サプリメントで脂肪燃焼」です。ボディメイクのためのお得な情報を今後も定期的に配信していく予定なので、次回もまたお楽しみに!!


(仮屋崎)

画像(1):つい食べたくなってしまう〆のラーメンも、ダイエッターは我慢しましょう。
※画像撮影者/仮屋崎
知っ得情報ブログその2
2014年07月12日│ダイエット・美容
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。