main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

身体は食べたもので出来ている

身体を作っていくトレーニングには3大要素があります。それはトレーニング・休養・食事の3つ。

どの要素も身体を作っていくものではあるのですが、食事は少し違います。本当に身体の細胞や筋肉を構成していくものであるということ。その上でトレーニングをし、筋肉を肥大させたり整えたり、休養することで回復させたりコンディショニングを整えたりしていく訳です。

食事の話をすると必ず「何を食べたらいいの。」「どのくらい食べたらいいの。」ということを聞かれますが、実は至ってシンプル。このブログの題名をもう一度見て下さい。

「あなたの身体はあなたの食べたもので出来ている。」
逆に言えば
「あなたの身体を何で作りたいですか?」

いつまでも保存の利く食べ物や原型を留めない食べ物で、あなたの身体を作りたいですか?着色料や甘味料といった食品添加物が加えられたもので、あなたの身体を作りたいですか?

人工的に手を加えられたものが体にいいとはあまり思わないですよね。ですから自然の形であるもの、自然の形になるべく近いもの、新鮮なもの、質のいいもの、なるべく人工的に手を加えていないもの、がいいのです。それを適切な時間にバランス良く、食べ過ぎない程度に摂取するだけでいい身体が出来上がります。

「今まで口にしてきたもの≒今のあなたの身体」,「今から口にするもの≒これからのあなたの身体」ね。シンプルでしょ。

あなたの身体にいいもの、召し上がって下さいね。

画像(1)身体にいいものを食べたいですね。



(芦田)

画像(1):身体にいいものを食べたいですね。
※画像撮影者/芦田
身体は食べたもので出来ている
2014年08月17日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。