main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

水の必要性を考えよう!

普段何気なく飲んでる水!成人男性で体重の約60%が水分量にあたり、加齢とともにある程度減少していきます。女性は男性より脂肪が多いため水分量は少なめになります。では何のために水が必要なのでしょうか?今回は以下の二つの働きについてお話します。

A:栄養素や老廃物の運搬
身体に必要な栄養素や酸素などを血液を介して全身に循環させることです。もうひとつは老廃物を尿として排出すること。
B:体温調節
運動などで上昇した体温を汗をかくことで下げ体温を一定に保つこと。

人間の体内では、一日を通して身体に入る水の量と出ていく水の量はほぼ同じになるように調節されています。しかし、水分補給がうまくできないと一時的に身体の水分量が減少し、栄養素や酸素等のスムーズな血液循環や発汗による体温調節がうまくいかなくなる恐れがあります。

運動前と運動後の体重がほぼ同じになるようこまめに水分補給をすることをおすすめします。体重の2%の水分損失で、のどの渇きなど脱水症状が現れます。運動後の体重減少分は水分損失分(脱水)ととらえましょう。また、お酒やコーヒーも尿量が増え体内の水分量が減る原因になるため意識して水分を摂りましょう。水分補給といっても甘いジュースは避け、普通の水で十分です。

画像(1)



寝ている間は水分補給ができないため、私は毎日就寝前と起床直後にコップ一杯の水を飲むようにしています。


(村山)
水の必要性を考えよう!
2015年01月07日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。