main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

ナッツでダイエット!

年が変わり、あっという間の1ヶ月。今年こそは理想の体を!とトレーニングに励んでいる方も多いと思います。そこで今回はトレーニング以上に重要な食事のお話、ダイエット食に関するお話です。

ハリウッド女優やスーパーモデルなどが実践しているダイエット食が「ナッツ」。ナッツには肌に良いとされるビタミンEや、糖質や脂質の代謝に必要なビタミンB群が豊富に含まれているばかりか、女性が不足しがちな鉄分やむくみをとってくれるカリウムなどもたっぷり含まれています。でもナッツって脂が多く高カロリーで逆に太るんじゃない?なんて心配もなきにしもあらず。

画像(1)代表的なナッツ類。カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピスタチオ、アーモンド、クルミなど。


実際、市販されているナッツ類の栄養成分をみると総カロリーの半分以上が脂質に由来しているほど多くの脂肪を含んでいます。こんなに脂肪分のあるナッツを食べてダイエットできるなんて信じられないかもしれませんが、ナッツに含まれる脂質類は脂肪になりにくい不飽和脂肪酸からできています。注目すべきは青魚や植物性油に含まれているオメガ3脂肪酸というダイエットに効果的な成分が多く含有されています。

またダイエットを成功させるには、便通が良いことも重要。ナッツは食物繊維も豊富なので腹持ちが良く、同時に便通を良くする効果もあります。一日50gを目安に小腹がすいた時などにつまんでください。一回あたり7、8粒でも十分満足できるはず。ここで一つ注意!ピーナッツはダメです。ピーナッツはナッツと名前についていますが、種実類ではなくマメ科の植物。広い範囲では「ナッツ類」に入りますがここではNGになります。

モデルも実践しているナッツダイエットと適度な運動で今年こそ理想の体を手に入れましょう!

画像(2)カカオを多く含んだチョコも実は効果的!カカオにはたくさんの栄養素が含まれており、ポリフェノールでエイジング効果も高く、食欲を抑制する効果も!ポイントはカカオの含有量が70%以上のチョコで適量を守ること。板チョコなら半分の量。



(申)

画像(1):代表的なナッツ類。カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピスタチオ、アーモンド、クルミなど。
画像(2):カカオを多く含んだチョコも実は効果的!カカオにはたくさんの栄養素が含まれており、ポリフェノールでエイジング効果も高く、食欲を抑制する効果も!ポイントはカカオの含有量が70%以上のチョコで適量を守ること。板チョコなら半分の量。
※画像撮影者/申
ナッツでダイエット! ナッツでダイエット!
2015年02月01日│ダイエット・美容
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。