main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

○○が硬いと痩せにくい!?

初夏の兆しを感じるほど日中は汗ばむ日が多くなりました。男性も女性も薄着になる季節、夏に向けてのボディメイクを加速させていきましょう!さて今日のテーマは「◯◯が硬いと痩せにくい」。意味深なタイトルです。ふふふ。

実は、足首が硬いとやせにくい体になってしまう恐れがあるんです。痩せるため、シェイプアップのための色々なトレーニングがありますが、意外と見落としがちな部位が足首なんです。足首は代謝の要の部位であり、ココが硬いと体の動きに大きな影響があるんです。例えば、立位での前屈の際に両手が床に着かないと体がかたいと言われますが、お尻や太ももの裏側の柔軟性だけで判断されている場合が多く、意外と気づかれていないのが足首の可動域なんです。

では、なぜ足首が重要なんでしょう?足首の柔軟性は、そのまま「ふくらはぎ」の動きに影響します。ふくらはぎは第二の心臓と言われ下半身から上半身に向かって血流を良くするためのポンプ役。足首が硬いとポンプの機能が低下してしまい血流が悪くなり新鮮な酸素や栄養が全身に行き渡らなくなり新陳代謝も悪くなります。また足は全身の中でも大きい筋肉が多く集まっている部位であり、足首を回すと連動して多くの筋肉が一度に動きます。足首が弱いとお尻にも上手く力が伝わらずヒップや内ももがたるむ原因にもなってしまうんです。地味なパーツである足首ですがボディメイク、とくに下半身のシェイプアップでは絶対に避けて通れない重要部位。

そこでみなさんの足首をチェックしてみましょう!もっとも簡単な方法。
1.カカト、つま先までしっかりとそろえて立ち、その状態でしゃがんで膝を抱えます。

画像(1)



2.しゃがんだ姿勢をキープするのが難しい人、しゃがめない人、しゃがもうとした時にひっくり返ってしまった人は、足首がかなり硬くなっています。

上手くしゃがめなかった人も諦めない!オアシスには足首の硬い人を助けてくれるとても素敵な隠れたスタッフがいるんです。

画像(2)



・・・。
名前なんだっけ・・・

画像(3)



こんな風に使って足首やふくらはぎ、腿裏、お尻など広範囲の筋肉をしっかりと伸ばしていきます。初めは真っ直ぐ立つのも難しいかもしれません。柔軟性に応じて角度を変えられます。運動前だけではなく、運動後にも効果的です。思うようにトレーニング効果がでない方、ぜひご自分の足首をご覧になってみてください(笑)


(申)
○○が硬いと痩せにくい!? ○○が硬いと痩せにくい!? ○○が硬いと痩せにくい!?
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。