main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

【UBOUND】跳ぶ時の姿勢

こんにちは、スタッフの阿部です。
 
UBOUNDが5月に導入されて半年が経ちましたが皆さん、UBOUNDは体験していただけましたか?まだ体験したことない方はぜひ一度はUBOUNDの楽しさを感じていただけたら嬉しいです。
 
さて、今回はUBOUNDの跳び方のコツ(姿勢バージョン)をお伝えしたいと思います。

画像(1)私が実際に跳んでいきます!



 
インストラクターが「上に跳ぶのではなく押して跳んでください」と言っているのを聞いたことがあると思います。トランポリンから落ちるリスクがあるのもそうですが、UBOUNDは下半身や臀部を使って運動することを目的としています。
 
またトランポリンで楽しく激しく動くにはバランスを保たなければいけません。バランスを保つために太ももの後ろ(ハムストリングス)、臀部を使います。このときに太ももの前(大腿四頭筋)や前側のすね(前頸骨筋)を使うと膝に負担がかかって効果的に運動できなくなります。

☆意識して欲しいポイント3☆
1斜め10度を目安に上体を倒す
→上体が一直線ではバランスが上手く取れません。

2お尻を後ろに引いて過度に膝が前にでないようにする
→膝が前に出るのが悪いのではありません。過度に出るのは太ももの後ろ、臀部を効果的に使えないからです。

3重心は常に真下
→前後左右に過重すると押す反動を上手く使えないからです。
上記のポイントをおさえて姿勢を作ることでトランポリンを押すという感覚を少しは掴めるかと思います。

画像(2)良い例



 

画像(3)悪い例



 
今回はまだ体験したことのない方も普段から参加している方も楽しめるように、跳び方のコツをご案内しました。次回レッスンに参加した時には、是非お試しください!


(阿部)

画像(1):私が実際に跳んでいきます!
画像(2):良い例
画像(3):悪い例
※画像撮影者/平塚
【UBOUND】跳ぶ時の姿勢 【UBOUND】跳ぶ時の姿勢 【UBOUND】跳ぶ時の姿勢
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。