main_blog main_blog

オアシス横須賀24Plusブログ

横須賀店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

厚い胸板を目指すために!!

朝晩はかなり冷えるようになり冬の気配を感じるようになりました。
これから寒くなると肌の露出も減って、トレーニングに対するモチベーションが下がりがちな季節です。
しかも、これからのシーズンは忘年会にクリスマスにお正月と宴会やパーティーの機会も多く、夏に頑張って手に入れたスリムな体はどこへ…

しかし、ちょっと考え方を変えると、筋肉を効果的に増やしていくためにはトレーニングと休養と栄養補給が重要です。
つまり食べる量が増えるということはそれだけ筋肉の量を増やしやすいということだと思いませんか??

僕もこの秋から冬にかけて食欲増進を筋肉増量につなげようとたくらんでます。
特に男性の方で筋肉をつけたいと考えると、真っ先にやるのが腕立て伏せのような胸のトレーニングではありませんか??
おそらく筋力トレーニングに励む男性の方であれば誰しも厚い胸板がほしいはず!?
前置きが長くなりましたが、今日は胸のトレーニングについて簡単に紹介したいと思います。

胸のトレーニングというと、マシンのチェストプレスやフライ、ベンチプレスやダンベルプレスなどを想像すると思います。
これらは胸のトレーニングでは基本的な種目です。
しかし、胸の筋肉は大きく分けると、上部、中部、下部の3つに分けられ、上記の種目はで使うのは主に中部や下部でなかなか上部は使えていません。
つまり、本物の厚い胸板を手に入れるためには、上部を鍛える必要がありますので、上部を鍛える種目を紹介します。

・インクラインダンベルプレス
胸の上部のトレーニングです。
まずはシートを約30〜45°ほどに起こします。
ダンベルを両手に持ち、鎖骨のラインを目標に肘が90°位曲がるまでダンベルを下ろします。
この時しっかりと胸をはるのがポイントです。
あとはダンベルプレスの要領で動作を繰り返します。

ベンチの傾きを変えれば、ダンベルプレスででなくてもフライや、バーベルを使った方法でも同様に胸の上部を鍛えられます。

僕のおススメはまずはベンチプレスなど基本種目をメインの種目として、それにインクラインでのダンベルプレスやフライを付け加えるのがおススメです!!
みなさんも来年の夏が来る前に厚い胸板を手に入れてください!!


(南條)

画像(1):しっかりと胸をはるのがポイントです。
画像(2):シートを約30〜45°を目安に傾けます。
※画像撮影者/久佐
厚い胸板を目指すために!! 厚い胸板を目指すために!!
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。