main_blog main_blog

オアシス港北店ブログ

港北店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

オランダでの研究発表学会

ブログリレーのバトン受け取りました安川です。
最近、暑かったり、寒かったりと気温が安定しませんが、皆さんは風邪などひいておりませんか??

私は、先日、オランダのハーグに行ってきました。
今回、International Association for Dance medicine and science(IADMS) という学会で、ダンスに関する研究のポスター発表をしてきました。
 
皆さんは、ダンサーの損傷が多い部位はどこだかご存知ですか?
1番は、足首の捻挫が多いのですが、今日では、腰痛も損傷として多く発生していると言われています。特に今は、脊柱のアライメントが注目されています。

学会では、ダンスに関する多くの研究の発表があり、実際にニューヨークのクラシックバレエダンサーが行っているウォーミングアップやクーリングダウンの紹介も体験が出来て、とても勉強になりました。

また、オランダ・ハーグの町並みには、国会議事堂や、フェルメールの代表作・「真珠の耳飾りの少女」の絵が置かれているマウリッツ美術館があり、とても歴史のある街です。特に「真珠の耳飾りの少女」の絵は、美しさに魅了され、立ち止まり何度も見てしまいました。ハーグ自体は、非常に小さい町なので、3日あれば、ハーグを満喫する事ができます。

そしてその後、アムステルダムに行き、「アンネの日記」で有名な、アンネフランクが実際に隠れていた家を見てきました。この家は、現在博物館になっており、1時間待ちになるほど人気の博物館です。

是非、みなさんも行く機会がありましたら、見てみてください!


(安川)

画像(1):研究発表ポスター
画像(2):マウリッツ美術館
画像(3):アンネ・フランクの銅像
※画像撮影者/安川
オランダでの研究発表学会 オランダでの研究発表学会 オランダでの研究発表学会
2009年11月15日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。