main_blog main_blog

オアシス港北店ブログ

港北店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

食物繊維の役割と必要性

こんにちは!スタッフの小木曽です。
今回は「食物繊維」のお話です。
食物繊維は前回のテーマである「炭水化物」に分類されるのですが、他の栄養素とは違って消化吸収されずに大腸へ達し、便の体積を増やす材料になり、腸内細菌を増やす働きがあります。

食物繊維には2種類あり、一つは水に溶ける「水溶性食物繊維」です。
これは果物や野菜、こんにゃくや山芋に多く含まれ、血糖値の急上昇を抑えるほか、動脈硬化の予防やコレステロールを低下させる効果があります。

もう一つは「不溶性食物繊維」といい、野菜や豆類、穀類に多く含まれ、満腹感をもたらしたり、腸を刺激して便秘を予防してくれたりします。
腸内環境を改善するには「イヌリン」という食物繊維がオススメです。
別名を「フラクトオリゴ糖」といい、大腸においてビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあります。
「菊芋」という食材にイヌリンが多く含まれるので、腸内環境を改善したい方は食べてみてはいかがでしょうか。

タンパク質を必要量摂取すると、どうしても便通が悪くなってしまいがちです。
一緒に食物繊維を摂取することが腸内環境を良くするために必要です!

 【都筑区・センター北・センター南で、ジム・温泉・プール・加圧トレーニングをお探しの方は東急スポーツオアシス港北店へ!】


(新井)
食物繊維の役割と必要性
2021年06月05日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。