main_blog main_blog

オアシス本厚木店ブログ

本厚木店スタッフによる現場の声!

心配蘇生法講習イベント開催

8名

SMART本厚木店において、12月15日(日)、16日(月)の2日間を使って、心配蘇生法の講習イベントを開催致しました。

万が一の災害や、万が一でも自分の目の前に倒れている人を見かけたときに、その命を救う為に行動すべきことを皆様にも知っていただき、災害が起きた時に一人でも多くの人を助ける為、自分の友人・知人・家族・恋人が目の前で倒れてしまった時に、自分で助けられるようになる為にその技術を学んでいただきました。

2日間で2回開催しましたが、参加者は「10年以上前に受講したことがある」「7〜8年前位に受講したことがある」「今回が初めて」と様々な方々にお集まりいただきました。

実はこの心配蘇生法、以前の方法と今お伝えしている方法は大きく異なっているのです。
以前は技術が先に出ていましたが、現在は心配蘇生法を一般の方々にも多く実施していただくことを主眼に置き、より重要な事柄が講習内容と成っています。

今回もそのお話をした時に、受講経験のある方々は「そうなんだ〜。知らなかった〜。」と反応を頂きました。
伝えているようで伝わっていない。知っているようで知らなかった。ということでしょうか、それだけでも今回イベントを開催した価値があるなと感じています。

実技面では「胸骨圧迫」を中心に行いましたが、回数をこなす度に皆さんがどんどん上手になり、自分なりのコツを少しずつつかんでいただけたようで、最終的には必要となる強さもしっかりと押せていました。

画像(1)まずは床で胸骨圧迫をするときの姿勢を学んでいただきました。



その習得の早さには驚きました!素晴らしいの一言です!
一般で受講する講習会とは違い、フィットネスクラブらしい身体の使い方なども含んでお伝えしたら、さすが皆さん、良い反応をしていました。

練習を重ねれば技術は上がり、自信に繋がっていきます。

画像(2)実際に練習用人形(レサイアン)を使用しての胸骨圧迫の練習です。目安となる強さを出すのに一苦労でしたが、回数をこなすこととコツをつかむことで上手になっていきました。


今回、このイベントを開催させていただき、エクササイズのイベントも必要だと思いますが、このような人命救助・社会貢献に繋がるイベントも非常に重要と感じています。
極力短い期間で、定期的にでも開催していこうと思います。


(柿沼)

画像(1):まずは床で胸骨圧迫をするときの姿勢を学んでいただきました。
画像(2):実際に練習用人形(レサイアン)を使用しての胸骨圧迫の練習です。目安となる強さを出すのに一苦労でしたが、回数をこなすこととコツをつかむことで上手になっていきました。
※画像撮影者/柿沼
心配蘇生法講習イベント開催 心配蘇生法講習イベント開催
2013年12月16日│Charities(VILLAGE)
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。