main_blog main_blog

オアシス本厚木店ブログ

本厚木店スタッフによる現場の声!

栄養士嘉恵の1Pアドバイス

栄養士嘉恵のワンポイントアドバイス Ver.44回目となりました、ワンポイントアドバイス。今回のテーマは「すいか」です。

すいかの旬は5月〜8月。今日の様な暑い日にも大変オススメです。「すいか」にもしっかり栄養素含まれています。夏に嬉しい栄養素ですので、是非摂りいれて頂きたいです。

1.水分が90%以上(果肉)
糖分も含み、エネルギー補給にもオススメです。
2.カリウム
水分代謝を促して、熱中症予防に。
3.(果肉の色素成分)カロテン・リコピン
アンチエイジング
抗酸化作用、血液サラサラ効果をもつと言われています。
4.脂肪の代謝を促進するビタミンB6が豊富
たんぱく質合成・脂肪の代謝を促す働きをもつと言われています。また、脂肪肝予防にもオススメでしょう。

5.シトルリン
疲労回復/手足のむくみ改善/二日酔い防止・改善/筋肉増強/運動パフォーマンス向上/動脈硬化/脂肪肝予防・改善/高血圧など、効果があると言われています。シトルリンが一番多く含まれているのは、皮の部分です。

すいかの皮と種は、昔から漢方としても使われており、腎機能改善・コレステロールを減少させるなどの働きがあると言われています。皮(白い部分)は炒め物など。
また、スムージーを作るときに、皮(白い部分)とタネも一緒にミキサーに入れて砕けば、すいかを余すことなく摂りいれることができます。

より甘い「すいか」を選ぶには。手軽に取り入れていただきたいので、カットすいかを選ぶ時のポイント。タネを見ます。黒々と艶めいているものは、完熟している証拠。まだ白色のものは避けましょう。
(栄養成分(100gあたり)
熱量:37Kcal
たんぱく質:0.6g
脂質:0.1g
炭水化物:9.5g
カルシウム:4mg
ビタミンB6:0.07g
ビタミンC:10mg


(坂井)
2014年07月11日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。