main_blog main_blog

オアシス本厚木店ブログ

本厚木店スタッフによる現場の声!

栄養士嘉恵の1Pアドバイス

栄養士嘉恵の1ポイントアドバイス

今回のテーマは「春の健康」です。

季節の変わり目には体に不調が現れやすくなりませんか。
春の不調の原因はどのようなものがあるのか、お伝えします。

1、強い風が吹くこと
春は日本付近の南北の気温差が大きくなり、暖気と寒気がぶつかりやすくなります。
低気圧が発達しやすく、ほかの季節に比べて強風が吹きやすくなります。
冬から春にかけて初めて吹く強い南寄りの風のことを「春一番」といいます。
具体的には2月4日の立春から3月21日の春分までの間に、広い範囲で初めて吹く暖かく強い南より毎秒8m以上の風で、日本海に低気圧があり、気温が上昇した場合に発表されます。
春一番などに吹く強い風は、花粉や黄砂などを運び、目や鼻の炎症、頭痛を引き起こし、蕁麻疹や湿疹などの皮膚トラブルも起こりやすくなります。さらに、暖かくなったからといって首や足首などを露出する服を着ると、その部分が風にさらされ、風邪をひいたり、体調不良をまねくこともあります。

2.気温の寒暖差が激しい
 春は、高気圧によって暖かい日があっても、続く低気圧による寒い日があり、寒暖の差が激しくなることが多いですが、これを「三寒四温」といいます。
寒い日が3日続いても、暖かい日が4日あり、そうした天気の変化が繰り返されて、だんだんと春らしい暖かい日になっていくのです。
また、半そでで歩ける日もあれば、上着が欲しい日もあるように気温差が10℃以上高温になるときがあります。
さらに、日中は暖かくても夜になると急に気温が下がるなどといった1日の寒暖差も激しくなる時期です。
冬から春への季節の変わり目には日々の気温や昼と夜の気温の変動が激しくなるため、自律神経がその変化に対応しきれず、バランス調整がうまく働かなくなってしまうのです。
バランスが崩れた状態がしばらく続くと、完全に体のリズムが乱れやすくなってしまいます。自律神経のバランスが乱れることによって、眠気やだるさなどの不快な症状が起こりやすくなります。

3.日照時間の変化
 春は、日照時間がだんだんと長くなり、夜が短くなっていくため、日中の活動時間や睡
眠時間など、体内のリズムの切り替えが行われます。
切り替えがうまくできないと、夜に熟睡できなかったり、十分睡眠をとっても疲れが抜けにくく、だるさを感じたりします。
 
4.新しい環境での生活
 春は、天気の変わりやすさによって体のリズムが崩れやすいので、普段から生活のリズムを大きく変えないようにしなければいけない時期なのですが、生活環境が変わりやすい季節です。

<春の代表的な季節病>
スギ花粉症・ヒノキ花粉症・関節の痛み・5月病・片頭痛・じんましん・紫外線の肌トラブル・睡眠障害・アトピー性皮膚炎など

今回は「春に起きやすい体調不良」についてでしたが、次回は<食生活で春の体調管理>を
予定しています。


(坂井)
2018年04月18日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。