main_blog main_blog

オアシス浦和24Plusブログ

浦和24Plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

岩崎的水泳学 〜バタフライ編〜

10月ですが、まだまだ暖かい日が続いておりますね。
スイムフェスタもあと1ヶ月を切りました。皆さん泳いでいますか??
今回は、残っている最後の「バタフライ」をみていきましょう。
バタフライは、4つのポイントとタイミングを合わせることが大切です。

キャッチ・・・親指を少し下に向けて肩の前で伸ばしている手を軽く外に広げる
プル・・・広げた手を太ももの横(外側)まで水をかく
フィニッシュ・・・手のひらで水を後ろに押しながら水面より手を出す
        (水をかいて水面から出た手は親指が下を向いているといいと思います)
リカバリー・・・できるだけ水面に手をつけないように手を前に向かって伸ばす

バタフライは、クロールと違い指先から入水をしてしまうと肘が曲がってしまい遠くに手が伸ばせません。なので、入水は肘を伸ばし親指と人差し指が同時に入水するイメージで泳ぐと大きく泳げます。
また、入水する直前に頭が腕よりも下に入って泳ぐことで、体重移動ができ、伸びるような泳ぎになります。

手と足のタイミングも重要になります。
・キャッチをしているときに1回
・プルをしているときに1回
1かきで、2回のキックを打つ泳ぎがバタフライになります。
泳いだことがない方も、たくさんトレーニングしている方も
ちょっと試してみてくださいね!!
(岩崎)

画像(1)入水前に頭を入れて前にのびましょう。
画像(2)フィニッシュと同時に呼吸すると呼吸がしやすいです。
画像(3)ふざけて泳いでいるようにも見えますが、
サイドブレス(横呼吸)という泳ぎ方の方法でもあります。
※画像撮影者/岩崎


()
岩崎的水泳学 〜バタフライ編〜 岩崎的水泳学 〜バタフライ編〜 岩崎的水泳学 〜バタフライ編〜
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。