main_blog main_blog

オアシス浦和24Plusブログ

浦和24Plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

夏に多い食中毒を防ぐ

夏は海水浴やキャンプなど楽しいイベントがたくさんありますが、そうすると増えてくる食中毒があります。
ひとつは近年増加している「カンピロバクター食中毒」です。
カンピロバクター食中毒は、バーベキューや焼肉の時に加熱不足の鶏肉や牛肉を食べることで発生します。
また、「腸管出血性大腸菌食中毒(O-157)」も未だ増加傾向にあり、こちらも牛肉及び牛レバーの料理が原因となっていることがほとんどです。

◆食中毒を防ぐために行うこと。
1.中心部までしっかりと加熱する。
2.【生の肉を触った箸】と【焼いた肉を食べる箸】を区別する。

などの点に注意して、楽しい夏をお過ごし下さい。


(内田)
2010年07月10日│ダイエット・美容
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。