main_blog main_blog

オアシス浦和24Plusブログ

浦和24Plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

異物除去の方法

寒い日は温かい食べ物が食べたくなりますね!トレーニング後などにお腹が空いて急いで食べたりして喉につまったという経験があるのではないでしょうか?ほとんどの方は水を飲んだりすればおさまる方が多いと思います。しかし食べ物が気道の方でつまってしまうと致命的になりかねません。正月に餅をつまらせて救急搬送されたというニュースも毎年必ずあります。

今回は喉になにかがつまったときの対処法を紹介します。
1.咳を促せる
2.背部叩打法
3.ハイムリック法
まず“1”の咳を促せるというのは普通に咳をさせて物をださせることです。それがダメなら“2”の背部叩打法といって傷病者の後ろに周り肩甲骨と肩甲骨の間を手首の付け根のちょっと上あたりで叩くことをいいます。それでもダメなら最終手段は“3”ハイムリック法といって傷病者の後ろに周り手を傷病者のみぞおちの下あたりにまわして左手を握りこぶしにして右手を上から支えて上に押す感じで思いっきりお腹を押します。このハイムリック法は内臓などを傷つけてしまう可能性があるのであまりおすすめは出来ません。更に肥満な方や妊婦の方にはしてはいけません。

よく掃除機を口に突っ込んで助かったとニュースになりますが掃除機は汚いものなのであまり口などには入れない方がいいでしょう。もし身近な人が物をつまらせたとき迷わず行ってみてください!


(野溝)
2011年02月09日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。