main_blog main_blog

オアシス浦和24Plusブログ

浦和24Plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

食物繊維で腸美人!

「外見だけでなく、内面からもきれいになろう。」こんな常套句をテレビや雑誌、インターネットでよく耳にすると思います。そこで、今回は食事によって内面からきれいになれる、ある栄養成分についてお話したいと思います。

ある栄養成分とは、食物繊維です。おそらく聞いたことがあると思いますが、食物繊維は体内で消化されずに、腸の中のカスをからめとって体外へ排泄される成分です。つまり、この食物繊維が私たちの腸内の老廃物をきれいにしてくれているのです。食物繊維が不足していると、老廃物が体内に溜まったままとなり、ニキビや肌荒れの原因となります。また、食物繊維は食後の血糖値の上昇を抑える、コレステロールの吸収を抑えるといった作用により、糖尿病・高血圧・動脈硬化・大腸がんの予防にもなります。食物繊維は一日に20〜25g摂取するのが望ましいとされています。そこで、実際に一日20g近い食物繊維を摂取できるように、食物繊維豊富なおからを使った料理である「うの花炒り」を紹介します。

〜作り方(二人分)〜
1.鶏もも肉30gを小さく切る。人参20g、ごぼう30gはさいの目切り、こんにゃく16g、油揚げ5gは細切り、乾ししいたけ3gはあらかじめ水に戻しておき、薄切りにする。根深ネギ20g、小ネギ6gは小口切りにする。ごぼうは切った後10分ほど酢水につけて、こんにゃくは塩もみ後茹でてあく抜きをする。
2.フライパンに油を熱し、鶏肉、人参、ごぼうを炒め、さらにしいたけ、ネギ、こんにゃく、油揚げ、塩を少々入れ炒める。
3.おから130gを加えてさらに炒め、 だし汁160mlを加える。
4.砂糖小さじ3杯、しょうゆ小さじ2.5杯、酒大さじ1杯を加えて炒め煮にする。
5.お皿に盛り、小ネギを散らす。

おからだけでなく、人参やゴボウ、こんにゃく、乾ししいたけ、油揚げも使ってより食物繊維を摂取できるようにしました。なんと、この一品で15gもの食物繊維を摂取できます。ちなみに、おからはお豆腐を作る際、大豆から豆乳を絞った後に残ったものです。ぜひ、作ってみて下さい!


(小川)

画像(1):切った材料です。
画像(2):完成!
※画像撮影者/小川
食物繊維で腸美人! 食物繊維で腸美人!
2011年12月02日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。